スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

111歳のりんご

2012/01/22 Sun 15:58

りんご

実家から送られてきたりんご。
「国光(こっこう)」というりんごの樹齢はなんと111歳!

有名な「ふじ」の親にあたる品種で、津軽の俗称は「雪の下」。
東北生まれの両親にとっては懐かしい味らしい。

写真にはないけど一緒に送られてきた「ふじ」は最高にみずみずしく甘く美味しく、
「国光」も関西のスーパーで買うりんごとは段違いの美味しさ。
一緒に送られてきたチラシには
果汁が少なく、もの足りないのではないでしょうか」と書いてあったけど
私の舌ではそんなことありませんでした。
小ぶりだけど食べ応えがあっておやつにぴったり。
まだ一般に出回ってないという「星の金貨」は明日の朝に食べようかな~。
どんな味がするのか楽しみ楽しみ♪

りんごは剥いて渡してもあまり食べない息子だけど(齧る音が最高に可愛い)
すりおろしてみたところペロリ。
りんごは嫌いだと思ってたけど、手間を惜しんではいけないということね(・ω・;)
手づかみ食べにぴったりだからそのままでも食べられるようになって欲しいな~。

この「国光」は老木のため収穫量が減っており(そりゃそうだ)
今年も1本枯死したという悲しいエピソードもチラシには載っておりました。
興味がある方は早めにお取り寄せした方がよさそうです。
ちなみに、うちに来たのは青森県産業技術センターりんご研究所からのものでした。







スポンサーサイト
家ごはん | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。