スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

二人目は?

2012/05/07 Mon 13:18

息子はもうすぐ1歳半。
ほーんとにあっという間の1年半でした。

そろそろ周辺では2人目を妊娠したり、
欲しいと思ってる(ゆえに断乳した)という話がちらほら。

少し前なら「まだまだ考えられない!」でしたが、
最近は少し、また妊婦さんが羨ましくなってきました。

夫は自分が2歳違いの兄弟ということもあり、
早くに2人目が欲しかったみたいだけど、私が拒否。

実家が遠くて、気楽に頼れる知り合いもおらず、
家事や育児をすすんで手伝ってくれるわけでもない夫。
(頼めばしてくれるけど、「頼めば」じゃ話にならない)
息子のお世話と最低限の家事をするだけでてんてこ舞いになってるのに
2人目なんてとてもじゃないけど考えられませんでした。

まぁ、夫も一生懸命働いてくれているので、
「欲しいならもっと手伝ってよ」との言葉は飲み込みましたけど。。

そんな夫が放った一言。
「お前が欲しいと思ったときに俺が欲しくなかったらできないんだからな」

確かに、ね。
ついつい、女性に主導権があると思ってしまう子を持つ持たないの選択権。
夫婦平等にあり、ふたりで計画を立て、お互いに納得しないといけませんよね。
(計画通りに妊娠・出産できるかどうかはまた別の話)
確かにその通りだけど、言われたときは腸が煮えくり返りそうでしたw

とはいえ、命がけで出産する女性に優先権があって然るべきだと思うので
私の意志を優先して今に至ります。

そんな私もそろそろ2人目がいてもいいかな~と思えるくらい、
息子との生活&家事(あくまで最低限)に慣れてきました。
まだまだおっぱい星人だし、そう簡単に妊娠できないだろけどね。

ちなみに、私の両親は「ひとりで十分!」らしい。
理由は、息子の出産の時に大量の破水&出血があり、すごく心配したため。
「あんな死にそうな思いをしたんだからひとりでいい」とは父の言葉。
死にそうだったとはオーバーだなぁと思うけど、
娘である私を思ってのことなので気持ちだけありがたく頂くとします。

さてさて、2人目はいつやってくることでしょう。





スポンサーサイト
ひとりごと | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。