スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

婦人之友社の家計簿の費目

2013/02/08 Fri 13:57



なんとか1ヶ月間家計簿をつけることができました。
1月は10日まで実家にいたので、実質的には20日分位しかつけてないけど…。

食費、20日分しかないのに1ヶ月分の予算を大幅に超えてました
原因は外食です。

ついつい溜めてしまうレシートですが、
この家計簿の強みを生かすためには毎日つけないとダメですね。
そうしないと予算意識が薄れてしまいます。
まとめ付けだと、今予算がいくら余ってる(不足してる)のか分からない
ってことに気がつきました。
とはいえ、毎日つけるのはなかなか厳しい。。
習慣にするまでが堪えどころでしょうか…。

婦人之友社の家計簿は細かく費目を分けてつけるところに特徴があるのですが、
その中にどうしても納得できない費目分けが2つあり、
友の会に入っているわけじゃないので反抗して(笑)自分の好きなようにつけてます。

その費目とは「おむつ→衣服費」「水道代→住居・家具費」というもの。

羽仁さんの時代ならおむつは布でしょうから、衣服費にってのはわかるけど、
紙おむつはどう考えても保健・衛生費でしょう。
こう言うと、おむつは子どもにとって服と一緒!とか言われるかもですね^^;

水道代も家賃と一緒に大家さんに渡す(そういう昔ながらのマンションに住んでたことがあります)
ってなれば住居・家具費と一緒の方がいいだろうけど、
一般的感覚から言えば光熱費、というか水道光熱費と一括りにすべきでしょう。
羽仁さんの時代は家賃と水道代を一括で渡すってことが多かったからこうなったんじゃないかと推測。
違うかな?水は掃除とか住居維持のために必要とか?
それなら電気だってガスだって同じことだしねぇ。。

歴史がある分、現代的感覚と合わない箇所がある家計簿ですが
背後にある考え方や思想は素晴らしい普遍的なものがあると思ってます。

なんとか1年間付け通せたらいいなぁ~。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

にほんブログ村 子育てブログ 2010年4月~11年3月生まれの子へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーサイト
家計のこと | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。